国産モバイルバッテリー比較navi

スマホの充電が切れそうなときに絶対必要なモバイルバッテリー!日本製じゃないとだめですよ!

基礎知識

出力電流表示の大切さ(充電時間に関連)

出力電流に付いて

モバイルバッテリーで充電するときに大切なのは出力電流です。

この出力電流をしっかりと確認しておかないと充電する時間がものすごく長くなったり、ひどい場合には充電できないなんてこともあります。

ほとんどのモバイルバッテリーは0.5A~2.1Aの間の出力が多く、出力のUSBポートを2つ備えているモデルなんかでは、1Aと2.1Aとポートによって出力が違います

スマホの充電で必要な出力は

スマホの充電

スマートフォンに充電する際に必要な出力電流は0.5A以上です。

もちろん電圧も関係してくるのですがここでは難しいので5Vの電圧があるモバイルバッテリーだと仮定しておきます。

0.5Aの出力があれば充電することは可能ですが充電する時間が少し長くなるはずです。

なぜかといえば、家庭などのコンセントからACアダプターで充電する場合はたいてい1Aの出力で充電されているからです。

比べると0.5Aでは倍の時間かかるということになります。

ACアダプターで充電するのと同じ時間で性能が希望なら、1A以上の出力ポートを持ったモバイルバッテリーを検討しましょう

タブレット端末では

タブレット充電

タブレット端末を0.5Aで充電することはできないというのが一般的です。

スマートフォンに比べて大きな電流を必要とするタブレットでは1.5A~2A以上の出力ポートを備えた大容量のモバイルバッテリーが必要になってきます。

ノートPCなどでも同じことが言えます。

出力電流とUSBポート

  • 出力電流の大きさで充電時間が決まる。
  • 低い電流だと充電時間は遅くなる。
  • 出力2ポート製品はでは2つとも同じ出力ではない(0.5A+2.1A,etc)
  • 2台同時充電だと充電時間に差がでる

出力電流は大切

このようにモバイルバッテリーからスマートフォンやタブレット端末に充電する際に出力電流が充電する時間や充電できるかどうかの大きな要因になるということです。

なので安定した出力が得られないバッテリーではスグに使えなくなるということが良くあります。

代表的なのが海外製(中華製)などにみられます。

『3カ月で使えなくなった』など聞きますが、これはバッテリーの劣化で十分な出力が得られなくなったということが挙げられます。

日本製のモバイルバッテリーは信頼度が高く、こういった劣化が少ないのでお勧めですよ。

購入するときにはしっかり確認

モバイルバッテリーを購入するときには電池容量mAhともうひとつ出力のアンペア表示『A』と出力ポートの数、さらにポートが複数の場合は合計出力数をしっかりとチェックしましょう。

製品情報に必ず記載されているはずです。

タブレット端末との併用の場合は2.1A以上の出力ポートは必須です。

-基礎知識