国産モバイルバッテリー比較navi

スマホの充電が切れそうなときに絶対必要なモバイルバッテリー!日本製じゃないとだめですよ!

使い方

タブレット端末で使う

タブレットモバイルバッテリー

iPadやNexus,Xperia,Kindle,koboなどノートパソコンにとって代わるタブレット端末は軽量で外出時に携帯することも多いですよね。

なのでモバイルバッテリーで充電!ってことも多いはず。

モバイルバッテリーをタブレット端末で使う時には気を付けなければいけないのが容量と電流です。

タブレット端末の電池はスマートフォンに比べて大きいので小型のモバイルバッテリーでは充電できないことがあります。

せっかくモバイルバッテリーを購入して、スマホとタブレット端末と両方で使おうと思ってたのに、スマホしか充電できなかったということにならないようにしっかりと確認してみましょう。

タブレットで使えるモバイルバッテリー

基本的にスマホより大型の電池を内蔵しているタブレット端末は低い電圧0.5Aなどでは充電できないことがあります。

できれば1.5A以上の出力があるモバイルバッテリーを選びましょう。

自動的に2000mAhクラス以上のバッテリーになるはずです。ベストは2.1Aの出力があればACアダプター充電とそん色ない充電スピードが得られます。

どのタイプがいいの

usb2ポート

タブレット端末は比較的電池の持ちがいいのでスマートフォンや他の電子機器と共用で使う事になると思います。

そんな時に便利なのが出力のUSBポートが2つあるモバイルバッテリーです。

同時に2台の機器を充電することが出来ます。

いざという時スマホとタブレットの同時充電に対応するタイプが便利ですよね。

ここで気を付けなければならないのがまた出力。

USB2ポート合計の出力が低いとスマホは充電できてもタブレットだけ充電できないなんてことが発生します。

スマホ1A、タブレット2Aを確保するために合計出力3A以上のモバイルバッテリーを選びましょう。

同時充電の便利さ

タブレット端末以外でもデジカメやゲーム機、さらにはUSB電源で動く扇風機など様々な電子機器を動作することが出来るようになったモバイルバッテリー。

複数の出力ポート(2個が多い)があれば友人同士でシェアしたりと用途は広がります。

タブレット端末の充電とさらに便利に使用するために大容量のモバイルバッテリーは信頼できる国産がいいですよね。

大容量と言われる5000mAh以上がいいよ

タブレット端末の電池自体が大きい容量なので(iPadは11560mAh)2000mAhクラスのモバイルバッテリーだと20%もバッテリーが回復しない。

なので最低でも5000mAh以上のモバイルバッテリーが実用的ですよ。

-使い方