国産モバイルバッテリー比較navi

スマホの充電が切れそうなときに絶対必要なモバイルバッテリー!日本製じゃないとだめですよ!

Panasonic

パナソニック 急速充電器 単3形・単4形 BQ-CC57最安価格販売店

USB出力ポート付きでモバイルバッテリーやACアダプターとしても使える
残量チェック機能や充電池の買い替え時期がわかる、買い替え目安診断機能搭載
充電式エボルタ、エネループの両方の充電池に対応(充電時間)単3形×2本を約2時間で急速充電可能単4形×2本を約1.5時間で急速充電可能

1.USB出力ポート付きでモバイルバッテリー※1やACアダプターとしても使える 2.残量チェック機能や充電池の買い替え時期がわかる、買い替え目安診断機能搭載※2 3.充電式エボルタ、エネループの両方の充電池に対応 (充電時間) 単3形×2本を約2時間で急速充電可能※3※4 単4形×2本を約1.5時間で急速充電可能※5※4 ※1単3形充電池4本を装填時のみ出力可能 ※2使用環境や周辺温度によっては正しく診断出来ない場合があります ※3スタンダードモデル(BK-3MLE、BK-3MCC)充電時 ※43~4本充電時は2本の場合の約2倍の充電時間となります ※5スタンダードモデル(BK-4MLE、BK-4MCC)充電時

口コミ情報

充電を開始すると、その電池の上のインジケーターが、赤から黄色、緑、充電終了で消える事でどのような状態か把握することが可能です。また、間もなく電池が使えなくなりますよ!と言う表示もあり、その点も分かり易いです。名機と言われたBQ-391をこれまで使っていました。この充電器で1本だけ充電が不可能な充電池があり、BQ-391では、充電が終了できました。そのため、完全にこちらに変更ではなく、両機を併用していこうと考えています。パナソニックの充電池だけでなく、100円ショップのものやエネボルト、EBL、富士通、TOSHIBAなど各メーカーのものを充電していますが、何れも問題なく使用できます。

倍速充電機能搭載

出力電流が750mAと高く、短時間で充電できそうなので購入しました。
Amazonベーシックの充電器が350mAほどなので、およそ半分の時間で充電できることになります。

また、説明書には「電池1~2本だけで充電する場合、3~4本の同時充電と比べて約半分の時間で充電できます。」と書かれており、電流値は明記されていませんが、東芝の倍速充電のような機能が搭載されているようです。
定格出力が750mAx4と書かれているので、恐らく1~2本の場合は最大1500mA程度で充電するのではないでしょうか。

表示も3色のLEDでわかりやすく、充電完了すると勝手に止まるので使いやすいです。
乾電池検出や誤挿入・温度異常検出、電池寿命通知機能など一通りの安全機能も備わっていますし、とりあえずこの充電器で充電しておけば間違いないのではないかと思います。

ちなみにAmazonベーシックの高用量タイプ(単3)を4本同時充電しましたが、約2時間程度で問題なく充電できました。

-Panasonic